朝倉市、藤井養蜂場に行ってみた

朝倉市、藤井養蜂場に行ってみました。はちみつの直売所や、ハチに関する展示場などもあるし、朝倉の象徴、三連水車は藤井養蜂場のすぐ裏なので、一緒に立ち寄るのがおすすめです。

記事下に地図リンク、付近の飲食店情報を掲載しています


国道386号線沿い、車から看板が見えます

fujiiyohojo001

国道386号線を久留米側から向かって走ると右側に、藤井養蜂場の看板が見えるので分かりやすいです。ナビ通り行くと迷わずに行ける立地。

fujiiyohojo002fujiiyohojo003fujiiyohojo004fujiiyohojo005

この日はあいにくすごく天気が悪く寒い日だったんですが、観光バスはじめお客さんは、どんどん来ておられました。

はちみつの種類が多く関連商品も多い

fujiiyohojo006fujiiyohojo007fujiiyohojo008

藤井養蜂場で作られたはちみつが販売されています。1本1200円。試食することもできます。

一匹のハチが生涯で集めてくる蜜の量って、小さめのスプーン一杯くらいだそうですね。そう考えるとこの一本に蜂と人の努力の結晶が詰まっているんだなと感じます。

fujiiyohojo009fujiiyohojo010fujiiyohojo011

他にも世界のはちみつとか、テイストの違ったほかの会社さんのはちみつなども販売されています。

みつばちの資料館、ミツバチの巣箱も見ることができる

fujiiyohojo012fujiiyohojo013fujiiyohojo014fujiiyohojo015fujiiyohojo016fujiiyohojo017fujiiyohojo018fujiiyohojo019fujiiyohojo020fujiiyohojo021fujiiyohojo022fujiiyohojo023fujiiyohojo024

ミツバチ資料館が併設されているので、のぞいてみるといいでしょう。ハチと一緒に全国を回る様子とか、はちみつを取る道具などが展示されています。ちなみに、熊は巣箱を襲ってはちみつを食べたりもするそうです。

fujiiyohojo025

また、販売所コーナーでなぜか青森のリンゴがありましたが、これは受粉のために、藤井養蜂場の蜂を貸し出した縁で販売されているそうです。蜜を取るだけではない大切な役目があるんですね。

「ばっかり饅頭」は一口サイズで優しい甘さ

fujiiyohojo026fujiiyohojo027fujiiyohojo028fujiiyohojo029fujiiyohojo030

売店の名物はソフトクリームですが、この日は寒かったので、「ばっかり饅頭」という回転焼きに似たお菓子を食べてみました。一つ50円というリーズナブルさで、はちみつを使った優しい甘さで美味しい。一口サイズというのもいいですね。

豪雨災害を乗り越え、現在通常営業中

fujiiyohojo031fujiiyohojo032

2017年、朝倉市の豪雨災害は記憶に新しいと思いますが、藤井養蜂場さんは膝ぐらいまで水につかったようです。その時の様子や、泥をかき出しお店をきれいにされている様子などが、パネルや映像で紹介されていました。

現在は通常営業されて、お客さんもたくさんお見えになっています。朝倉にお越しの際は、ぜひ立ち寄られてみてください。

住所:福岡県朝倉市 菱野1105番地

朝倉、うきは、筑前、田主丸エリア、おすすめスポットまとめ

朝倉市、うきは市、筑前町は野菜、果物、米が美味しい 福岡県筑後の人気エリアです。管理人は、秋にこのエリアを訪問するのがとても楽しみで、美味しい梨やぶどうはもちろん、柿など最高に美味しいものがいただけます。 ご存知のように・・・

2017年10月30日
  • facebook投稿
  • twitter投稿

広告

この記事の場所から

google広告

コメントを残す

*

このページの先頭へ