道の駅蒲江に行って、大分料理「りゅうきゅう」を食べてみた。体験感想情報

蒲江・かまえの道の駅に行ってみることは、長年の望みでした。
というのも、大分は佐伯市くらいまでは、頑張って車を走らせても、
それ以降南に行くのは、なかなか時間もなくて大変で行けなかったからです。

しかし、佐伯までの状況から、間違いなく海産物が美味しい。
ということは想像していたので、宮崎から北上するルートで蒲江・かまえに行ってみたんです。

道の駅かまえ

道の駅かまえ

普段は、絶対通らないルートなのですが、前述のように蒲江に行ってみたいという希望から、
宮崎の北浦から、国道388号線で北上しました。後述しますが、
このルートを車で行くのは大失敗でした。
あなたは、行かれる時はここを通るのはやめたほうがいいと思います。
記事下に地図リンク、付近の飲食店情報を掲載しています



道の駅かまえ・蒲江

道の駅かまえ・蒲江

道の駅かまえ・蒲江

苦労してたどり着いた道の駅はきれい。
漁港の目の前ということ、おそらく魚介類には目が肥えた地元の方たちが、
たくさん食堂に集まっていることからも、相当期待が持てました。

道の駅かまえ・蒲江

道の駅かまえ・蒲江

 

食堂の名前は「海鳴り亭」。

道の駅かまえ・蒲江

メニューも本当に豊富で美味しそう。
ランチももちろんですが、バーベキューのようなメニューもあるようです。

道の駅かまえ・蒲江

管理人が選んだのはこれ「りゅうきゅう丼」
大分にはりゅうきゅうという料理がある。
刺身を、しょうゆだれで付け込んだものらしいのですが、
食べたことがなかったので、ぜひ食べてみたかったんです。

道の駅かまえ・蒲江

道の駅かまえ・蒲江

道の駅かまえ・蒲江

道の駅かまえ・蒲江

道の駅かまえ・蒲江

 

これが実物のりゅうきゅう丼。
魚の新鮮さとか美味しさも、もちろんだけど、こうやってしょうゆだれに
漬け込むとうまさが、沁み渡りますね。
東京のお寿司も基本的にヅケでしたが、めちゃくちゃ美味しかったです。

道の駅かまえ・蒲江

道の駅かまえ・蒲江

道の駅かまえ・蒲江

 

お椀は、魚のあらのお味噌汁。
あらといっても、クエのことではありませんよ。

道の駅かまえ・蒲江

両親は、道かま定食とかいうのを食べていました。
相当満足した様子だったので、多分美味しかったんだと思います。

道の駅かまえ・蒲江

道の駅かまえ・蒲江

道の駅かまえ・蒲江

道の駅かまえ・蒲江

道の駅かまえ・蒲江

道の駅かまえ・蒲江

道の駅かまえ・蒲江

食事したあと、買い物できるスペースを見ましたが、
相当、内容が充実していますね。
伊勢海老なども、お金があって調理できれば最高ですけど。

道の駅かまえ・蒲江

ところで、最後に注意。先述しましたが、宮崎北浦方面から蒲江に行くとき、
国道388号線を通るのは避けたほうがいいと思います。

非常に細い林道で、管理人の軽自動車で何とか行けましたが、
セダンなどの車では難しい・・・。そんな道です。

地元の人に、「国道を通った」と言ったら、びっくりされました。
北浦・延岡に行くには、地元の農道を通るのがいいそうです。

・・・とにかく、この区間を初めて車で行かれる方は、
地元の人を捕まえて、よく情報収集してから行かないと大変な思いをしますよ。

  • facebook投稿
  • twitter投稿

広告

この記事の場所から

google広告

コメントを残す

*

このページの先頭へ